東北地方に初上陸です!!

こちら房島屋。あたし川嶋やー。



「ぼうじまや~♪ あ~、ぼうじまや、ぼうじまや。」 

それは「松島や~、あ~松島や、松島や。」だろっ!


日本の夏と言えばトコロテンと相場が決まっておりますが(誰が決めたんだよっ!)、ここ最近は急激に涼しくなって益々日本酒が美味しい季節になりましたね。ところでカクカクシカジカのご縁に恵まれ、岐阜県揖斐川町の所(ところ)酒造さんから『房島屋』が入荷しました。

早速スペック違いの3種類の純米酒が、冷蔵庫に所狭しと並んで出番を待っております。ところで東北地方の酒販店では、当店が初めての取り扱いになるそうです。『東北初上陸!!』ってな訳ですが、こりゃ力の限りところどころに売り込まなくちゃいけません。

「ん? 岐阜県と宮城県は陸続きなんだから、“上陸”という表現はおかしくないか?」と疑問に思われるかも知れませんが、ところ構わず突き進むのが猪年生まれの特性とご理解いただけましたら幸いです。


ぼうじまや~
房島屋(ぼうじまや)・純米無濾過生原酒22BY

◆蔵元:所酒造合資会社 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪537-1
◆醸造責任者:所 優(ところ・ゆう)さん 蔵元のHP
◆麹米:あけぼの 掛米:五百万石 ◆精米歩合:65% 
◆アルコール分:17度以上18度未満
◆日本酒度:+3 ◆酸度:2.2
◆お値段:720ml/1,260円 1.8L/2,520円



「うっ、美味いっ!!」


驚くべきコストパフォーマンスの高さは、所だけに目がテンです。すんげー豊かな酸のインパクトが印象的で、味わいにボディと切れを与えており、この酸から蔵元が目指す酒造りの方向性が舌の上を所狭しとビシバシ伝わって来ます。

うーむ、造り手が呑み手を選んでいるかのような、こういうチャレンジ精神旺盛な酒が私は好きです。ところでこの酒に限った事ではありませんが、計測上の日本酒度や酸度と実際に呑んでみた感覚とでは必ずしも一致しませんよね。

ところがこの純米酒は、数値通りの酸を感じます。これを我々酒類業界の専門用語で、“酸度一致”と呼んでいます(ウソに決まってます)。この酸は和洋中を問わず、そして魚介類から肉料理まで幅広く料理に合うと思います。呑む時の温度は冷蔵庫から出したばかりよりも、30分ほど経過した温度かお燗が良いでしょう。

いや~、また良い造り手に出会えました。今後の所さんの更なる活躍に期待しましょう。ところで『酒のかわしま』でも、今日から日本酒のネット販売を出来るようになりました。ところどころ未完成のホームページではありますが、是非是非ご利用下さいねー。


人気ブログランキング
何卒ポチッとお願いいたします。m(..)m


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
こちらもポチっと。


通販のページです。
酒のかわしまネット通販のページ


------------------------------------------------------------------------------------

◆酒のかわしま 店主 川嶋吉幸
    (社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

〒983-0833 仙台市宮城野区東仙台6-5-27桜参番館 
TEL022-762-7061 FAX022-742-5225 
営業時間10:00-20:00 ※当面は無休で頑張ります!!
駐車場5台有 地図

------------------------------------------------------------------------------------



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川嶋吉幸

Author:川嶋吉幸
宮城県仙台市宮城野区東仙台に、2011年7月30日に新規開業した日本酒とワイン専門の小売酒販店『酒のかわしま』の店主です。そして2017年4月8日に、2号店の『酒のかわしま立町店』を開店しました。

1959年12月16日生まれ。亥年で射手座という、思い込んだら誰にも止められない猪突猛進型。東仙台幼稚園⇒東仙台小学校⇒東仙台中学校⇒それから紆余曲折を経て、36年後に東仙台で独立して東仙台を満喫中(笑)。配偶者と息子が3人いて、毎日笑顔で過ごしています。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
酒のかわしま関連
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック