FC2ブログ

標高600mの蔵から



秋の気配を感じる今日この頃の仙台市宮城野区東仙台六丁目ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はと言えば、何となく風流な気分になって俳句を詠んでみたくなるカンザケ・スキオでございます。はい、それでは一句。



「ひやおろし 下から読んだら しろおやひ♪」





かわしまです、かわしまです、かわしまです....。




鯨波 純米吟醸ひやおろし
鯨波(くじらなみ)・純米吟醸ひやおろし&遊翠窯の酒器

◆蔵元:恵那醸造(株) 岐阜県中津川市
◆原料米:ひだほまれ100% ◆精米歩合:50%
◆アルコール分:16度以上17度未満
◆お値段:720ml/1,540円 1.8L/2,940円



先日の『仙台日本酒フェスト2012』に、鯨波の代表取締役にして杜氏でもある長瀬裕彦さんも参加してくれ二日連続で一緒に呑んでました。長瀬さんの自宅と蔵は標高600mの緑豊かな山間部にありますが、清々しい空気の中で育ったおかげなのか温厚で優しく物静かな方です。この"ひやおろし"はそんな長瀬さんのお人柄そのものような実に素直で滑らかな純米酒で、去年のこの時期は人気No.1でした。



120522_120327.jpg
蔵の玄関前で長瀬ご夫妻と。


今年5月に蔵にお邪魔して来ましたが、山の斜面にポツポツと点在する家屋以外は何もありません。あるのは綺麗な空気と緑だけで、羨ましい限りです。などと、そこに住んでいない者の無責任な発言かも知れませんね(笑)。


鯨波の周りの風景


蔵の真ん前の景色です。この通り、なーーーーーーーんにもない静かな環境で『鯨波』は醸されています。さて、気になる今年の“ひやおろし”ですが、ごくほんのりとフルーティーな吟醸香があり、円熟してツルンとまろやかな舌ざわりです。遊翠窯の口当たりの良さも手伝って、酒の旨味が滑らかに舌を包み込んでくれます。

画像のアテはシンプルに生湯葉と枝豆で、鯨波に良く合いました。やっぱり、山のものには山のものって事でしょうか。さ、それではあなたも、標高600mから届いた爽やかな風に触れてみませんか。


人気ブログランキング
ポチッと応援宜しくお願いいたします。m(..)m



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
こちらも何卒宜しくお願いいたします。


酒のかわしま2012年ひやおろしラインナップ

------------------------------------------------------------------------------------

◆酒のかわしま 店主 川嶋吉幸
    (社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

〒983-0833 仙台市宮城野区東仙台6-5-27桜参番館 
TEL022-762-7061 FAX022-742-5225 
営業時間10:00-21:00 ※年中無休で頑張ってます!!
駐車場5台有 地図



テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川嶋吉幸

Author:川嶋吉幸
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ
宮城県仙台市宮城野区東仙台に、2011年7月30日に新規開業した日本酒とワイン専門の小売酒販店『酒のかわしま』の店主です。そして2017年4月8日に、2号店の『酒のかわしま立町店』を開店しました。

1959年12月16日生まれ。亥年で射手座という、思い込んだら誰にも止められない猪突猛進型。東仙台幼稚園⇒東仙台小学校⇒東仙台中学校⇒それから紆余曲折を経て、36年後に東仙台で独立して東仙台を満喫中(笑)。配偶者と息子が3人いて、毎日笑顔で過ごしています。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
酒のかわしま関連
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック