金魚酒が入荷しました!

福乃友 金魚酒


日本酒が樽で売買されていた昔々のその昔、酒屋が自分の店で割水(加水してアルコール度数を下げる事)をして、お客さんに量り売りをしていた時代があったそうです。その際に酒屋の店主が味よりも儲けを優先させるために、多目の水で割った酒も出回っていたんだとか。

そのようなアルコール度数が低く味の薄い酒を、当時の人は『金魚酒』と呼んでいました。「金魚も泳げるくらい、薄い酒」と言う事らしいですが、多分美味しくはなかったでしょうね。ところでなんでこんな話を書いてるかといいますと、その金魚酒が入荷したからなんですよ(笑)。但し酒のかわしまで割水をして量り売りをするなんて事は有り得ませんから、蔵元で出荷した時点でアルコール度数が低めの純米酒の話しです。

そうです、3月29日のブログに書いた発売前の純米酒を商品化したのが、この金魚酒なんです。とは言っても、味が薄くて美味しくない酒をお勧めするなんて事も断じてありません。前のブログに書きましたが、程よい熟成感のあるナッティな香りと軽快な味わいがしっとりとまとまっていて、美味しいから商品化してもらったんです。まっ、商品化したと偉そうに言えるデザインのラベルではないかも知れませんけどね(笑)。ちなみに呑む時の温度は、常温かぬる燗が一番美味しく感じました。


福乃友 金魚酒


念のため申し上げますが、「薄い」と「軽快」では大きな差があります。今回入荷した金魚酒は、昔のものとは違ってしっかりと純米酒らしい旨味と熟成感がありながら軽快な味わいんです。決して薄くはありません。ところで「果たして売れるんだろうか?」と心配になる商品名ですが、こりゃ時代を逆手に取ったジサマ杜氏@67.5歳の逆襲と思っていただければ幸いです(笑)。まあ、これを販売する私も、多少の勇気を必要としますけどね(笑)。

今回もジサマが手書きで長々と書いたやつが、そのままラベルになっています。ジサマが言うには書くのが楽しくてしょうがないので、出荷する度に文章の内容も変えるんだそうです。ネット上でのブログを書くのは苦手なので手書きのブログと言う事だそうですので、どうぞジサマの遠吠えに付き合ってやって下さい(笑)。「騙されたと思って。」なんて言うつもりはありませんが、思い切って金魚鉢に飛び込んだつもりでお買い求め下さいませ(笑)。でも美味しいから大丈夫、大丈夫。そうそう、ワタシとインディアン、ウソツカナイヨ。

◆品名:福乃友・二年熟成純米『金魚酒・きんぎょざけ』
◆蔵元:福乃友酒造(株) 秋田県大仙市神宮寺
◆アルコール分:14.5度
◆精米歩合:70%
◆お値段:一升瓶のみ税込1,998円


「ほら、財布にも体にも、優しい純米酒でしょう~~~。」



ポチっと投票お願いいたします。m(..)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
応援クリックを宜しくお願いします!

酒のかわしまfacebook

◆酒のかわしま 店主 川嶋吉幸
    (社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

〒983-0833 仙台市宮城野区東仙台6-5-27桜参番館 
TEL022-762-7061 FAX022-742-5225 
営業時間10:00-21:00 ※日祝は10:00-19:00 
※年中無休で頑張ってます!! 駐車場5台分有り

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川嶋吉幸

Author:川嶋吉幸
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ
宮城県仙台市宮城野区東仙台に、2011年7月30日に新規開業した日本酒とワイン専門の小売酒販店『酒のかわしま』の店主です。そして2017年4月8日に、2号店の『酒のかわしま立町店』を開店しました。

1959年12月16日生まれ。亥年で射手座という、思い込んだら誰にも止められない猪突猛進型。東仙台幼稚園⇒東仙台小学校⇒東仙台中学校⇒それから紆余曲折を経て、36年後に東仙台で独立して東仙台を満喫中(笑)。配偶者と息子が3人いて、毎日笑顔で過ごしています。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
酒のかわしま関連
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック