FC2ブログ

栃木紀行

臨時休業.png

120823_195224.jpg
仙禽・雄町とレバー・パテの相性は最高!!


ど~も♪ 先日は携帯電話からポチポチと短いブログを投稿していましたが、今日は補足と言う事でもう一度書いておきますね。23日は栃木県大田原市の『旭興』と、同じく栃木県さくら市で『仙禽』を醸している2社の蔵元さんを訪問しました。日帰りでも時間的に余裕を持って回れるコースなんですが、どうせ県外に出かけるなら宿泊しないと気が済まないタイプ。蔵元と一緒に呑んで、土地の料理と土地の人や気候に触れてこそ、その蔵元の酒の良さをより一層理解出来ると思っているんです。

蔵元に訪問して酒造りの説明を受けるのも大事な事ですが、それ以上に蔵元と一緒に呑んで腹を割って話し合う方が大事だと思っているので可能な限り宿泊するんです。思い入れの無い酒に気持ちが入る訳がありませんからね。

さて、『旭興』は以前に某所で呑んでとても気に入ったので、いつかお取引をお願いしようと思っていましたが、ここ1~2年は何かとドタバタしていて時間的にも精神的にも余裕がなくて蔵元に連絡出来ないでいたんです。それが『酒のかわしま』を開店して一年過ぎたところでお金は無いけど少しは心にゆとりが出来たので、アポを取ってお邪魔したって訳です。

仙台駅から新幹線に乗って栃木県の那須塩原駅で下車をして、次はレンタカーを借りて移動です。周りの景色は山と田んぼだけのような道を、カーナビに導かれるがままに車を走らせる事30分。到着したそこは民家が数軒ある他は、まさに山と田んぼだけの牧歌的な景色でした。蔵元に緊急事態が発生して30分くらいしか話しが出来ませんでしたが、少しでも良い酒を造ろうと言う渡邉専務の熱い想いはしっかり感じ取ってこれたと思います。

蔵元から取引を承諾していただいたので近い内に入荷すると思いますが、入荷したら蔵の画像も含め、このブログでもご紹介させていただきますのでお楽しみにどうぞ。但し、画像は時間が無くてほとんど撮れなかったんですけどね。


120823_195322.jpg
仙禽の薄井夫妻 「ボケボケ画像で、ごめんねごめんね~。」


今日の画像は二枚とも『仙禽』の近くで、氏家駅前のレストランで撮ったものです。「洋食で日本酒?」と思われそうですが、これがあんた。仙禽ラインナップに通じる豊かな酸は、肉類の脂肪を気持ち良く流してくれてそれはそれは良く合うんですよ。当然の事ながら薄井夫妻はそれを熟知しているからこそ、敢えて居酒屋さんではなくレストランに連れて行ってくれた訳です。なのでワインにも引けを取らないほど、「肉には仙禽!!」なんです。

皆さんよりも一足先に呑んで来ましたが、仙禽から9月に季節限定品が入荷します。これまた肉類に良く合う純米酒ですから、宜しく宜しく~。あー、栃木から帰った時差ボケが抜けません(笑)。


人気ブログランキング
ここをポチっとお願いいたします。m(..)m



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
こちらも何卒宜しくお願いいたします。


酒のかわしま2012年ひやおろしラインナップ



泉マルシェ

------------------------------------------------------------------------------------

◆酒のかわしま 店主 川嶋吉幸
    (社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

〒983-0833 仙台市宮城野区東仙台6-5-27桜参番館 
TEL022-762-7061 FAX022-742-5225 
営業時間10:00-21:00 ※年中無休で頑張ってます!!
駐車場5台有 地図



プロフィール

川嶋吉幸

Author:川嶋吉幸
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ
宮城県仙台市宮城野区東仙台に、2011年7月30日に新規開業した日本酒とワイン専門の小売酒販店『酒のかわしま』の店主です。そして2017年4月8日に、2号店の『酒のかわしま立町店』を開店しました。

1959年12月16日生まれ。亥年で射手座という、思い込んだら誰にも止められない猪突猛進型。東仙台幼稚園⇒東仙台小学校⇒東仙台中学校⇒それから紆余曲折を経て、36年後に東仙台で独立して東仙台を満喫中(笑)。配偶者と息子が3人いて、毎日笑顔で過ごしています。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
酒のかわしま関連
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック